888_ページ_004.jpg
888_ページ_001.jpg
888_ページ_002.jpg
888_ページ_003.jpg
2994.jpg
2884.jpg
2983.jpg
hocit表札.jpg
511c76ec2dbe4eb3a6ceceb5288439ec.jpg
Screenshot (18).png
Screenshot (7).png

高品質で独創的技術開発に取り組んで参りました。安全で便利な製品提供の為、AIoT 5G blockchain 量子コンピューティング XR、AR、VR等DX最先端技術と開発に関する特許も多数取得、今後も“ICT企業” ICT領域(主な領域:Fintech、コミュニケーション[AR/VR]、セキュリティ、メディアコンテンツ、Bigdata、クラウド、IoT・ドローン、マーケティング・広告、メディカル・ヘルスケア、ロボティクス、電力・電池、AI、Enterprise、教育 新エネルギー産業(電池関連)電池(蓄電池、水素・燃料電池等)や電池の材料・部材等)として発展進化して参ります。分野別(環境・エネルギー、ライフサイエンス、システム・情報科学技術、ナノテクノロジー・材料)で最先端技術を利用したハードウェア・ソフトウェア開発、実証実験、プロトタイプ製品の研究開発・運営・販売、

 

分野別(環境・エネルギー、ライフサイエンス、システム・情報科学技術、ナノテクノロジー・材料)

「超スマート社会」の実現(Society 5.0)、その実現に向けて先行的に進めるとされた「11 のシステム」には「地域包括ケアシステムの推進」、「スマート・フードチェーンシステム」、「スマート生産システム」が含まれている。また戦略的に解決に取り組んでいくべき課題の中でも、食料の安定的な確保、世界最先端の医療技術の実現による健康長寿社会の形成、ものづくり・コトづくりの競争力向上など関連事項が複数含まれている。なお上述の「世界最先端の医療技術の実現による健康長寿社会の形成」に係る研究開発に関ては、健康・医療戦略推進本部の下、健康・医療戦略及び医療分野研究開発推進計画に基づき、

以下の9 つの主な取組みを柱に推進するとしている。またその他には感染症対策などの分野での

国際貢献を進めていくこと、医療ICT 基盤の構築および利活用の環境整備を行うこととしている。

オールジャパンでの医薬品創出

オールジャパンでの医療機器開発

革新的医療技術創出拠点プロジェクト

再生医療の実現化ハイウェイ構想

疾病克服に向けたゲノム医療実現化プロジェクト

ジャパン・キャンサーリサーチ・プロジェクト

脳とこころの健康大国実現プロジェクト

新興・再興感染症制御プロジェクト

研究開発の俯瞰報告書

主要国の研究開発戦略(2020年)

CRDS-FY2019-FR-02 国立研究開発法人科学技術振興機構 研究開発戦略センター

難病克服プロジェクト

システム・情報科学技術分野情報科学技術分野はグリーンイノベーション、ライフイノベーション、産業競争力の強化等を支える共通基盤技術として位置づけられた。また、複数領域へ横断的に活用することが可能な科学技術や融合領域の科学技術として、ナノテクノロジー、光・量子科学技術、シミュレーションやe‐サイエンス等の高度情報通信技術、数理科学、システム科学技術の研究開発の推進が掲げられ具体的な取り組みとしては、超スマート社会サービスプラットフォームに必要となる基盤技術

として、サイバーセキュリティ、IoT システム構築、ビッグデータ解析、AI、デバイスなどの強

化、また新たな価値創出のコアとなる基盤技術として、ロボット、センサー、光、量子などの強

化を図るとしている。①Society5.0 の社会実装、②基礎研究を中心とする研究力の強化、③国際連携の抜本的強化、④AI 技術や量子技術などの最先端・重要分野の重点的戦略の構築、という4 つの柱が盛り込まれた。ナノテクノロジー・材料分野「ナノテクノロジー・材料」は重点推進4 分野の一つとして、ライフサイエンス、情報通信、環境とともに、10 年間にわたって重点的な資源配分がおこなわれた。主な成果として、次のものが挙げられた。「鉄を含む新しい超伝導物質を発見」、「炭素繊維複合材料をはじめ、実用化に繋がる各種材料開発の進展」、「分子イメージングに関する研究進展」、「国家基幹技術『X線

自由電子レーザー』、『ナノテクノロジー・ネットワーク』等の研究開発インフラの整備」、「オー

プンイノベーション拠点『つくばイノベーションアリーナ』(TIA‐nano)による産学官連携の

強化」、「府省連携プロジェクト:『元素戦略プロジェクト』(文部科学省)と『希少金属代替材料

プロジェクト』(経済産業省)の着実な進捗」、等である。第4 期(2011~2015 年度)においては、科学技術の重点領域型から社会的、理化学研「超スマート社会」の実現(Society 5.0)に貢献する11 のシステムが特定され、その一つとして「統合型材料開発システム」研究開発の俯瞰報告書

主要国の研究開発戦略(2020年)

CRDS-FY2019-FR-02 国立研究開発法人科学技術振興機構 研究開発戦略センター

28がある。計算科学・データ科学を駆使した革新的な機能性材料、構造材料等の創製を進めるとと

もに、その開発期間の大幅な短縮を実現することを目標としてい、Society 5.0 やSDGs 等の実現に向け、ナノテクノロジー・材料科学技術が引き続き大きな役割を果たさなければならないという問題意識の下、文部科学省科学技術・学術審議会研究計画・評価分科会ナノテクノロジー・材料科学技術委員会は、平成30 年8 月に、産業振興と人類の「幸せ」の両方に貢献する「マテリアルによる社会革命(マテリアル革命)」の実現を目標として掲げた「ナノテクノロジー・材料科学技術研究開発戦略」を公表した。

(3) ナノテクノロジー・材料分野における研究基盤政策

先端。3 つの技術領域(微細構造解析、微細加工、分子・物質合成)で、産学官の利用者に対し最先端研究設備と技術支援を提供する。微細構造解析で11 機関、微細加工で16 機関、分子・物質合成で10 機関、事業全体の総合調整を担うセンター機関を含め、全国38 機関で運営している。また、JST のALCA 次世代蓄電池プロジェクトと連携するかたちで、蓄電池基盤プラットフォームを3 機関で構成している最先端ナノテクノロジー研究設備・人材が集積するつくばにおいて、産業技術総合研究所、物

質・材料研究機構、筑波大学、高エネルギー加速器研究機構、東京大学が中核となって、日本経

済団体連合会(経団連)とも連携して、世界的な研究開発・オープンイノベーション拠点TIA を

形成している(2009 年度~)。TIA では、1. 世界的な価値の創造、2. Under One Roof、3. 自立・

好循環、4. Win-Win 連携網、5. 次世代人材育成、の5 つの理念を掲げ、企業・大学との連携網

を広げ、産学官に開かれた融合拠点として、ナノテクノロジーの産業化と人材育成を一体的にAI、量子情報科学(QIS)、コンピューティング基盤的なQIS を推進し、人材の育成・強化を図り、産業界を引

きつけ、QIS を支えるインフラを提供する研究開発を優先する。持続可能かつ相互運用可能なソフトウェア、データの保守・キュレーション、適切なセキュリティと併せて、今後の高性能コンピューティング・パラダイム、製造、デバイス、アーキテクチャに必要な研究開発を支援。生物医学 オピオイド危機との闘い、感染症の迅速な検知と封じ込め、薬剤耐性、慢性疾患の予防と治療、遺伝子治療、神経科学、医療対策と公衆衛生上の備え、HIV/ AIDS の根絶、さらには米国の高齢者や障がい者の自立、安全、健康の向上を目的とした研究開発投資を優先。バイオエコノミー遺伝子編集を使用して開発された製品に関する安全性と有効性を迅速に確立し、バイオテクノロジー製品の採用と社会的責任の

ある使用を促進するべく、証拠に基づいた基準と研究を優先① 「All of Us」研究プログラム(個別化医療のためのコホート研究)

② BRAIN(Brain Research through Advancing Innovative Neurotechnologies)イニシアティブ

③ がん・ムーンショット(Cancer Moonshot)

④ 再生医療イノベーション・プロジェクト2021 年度のPCA もこれら11 領域となる予定である。

① 人工知能(AI)

② 人のインタラクション、コミュニケーション、能力向上のためのコンピューティング

(CHuman)

③ フィジカルシステムをネットワーク化するコンピューティング(CNPS)

④ サイバーセキュリティとプライバシー(CSP)教育と人材(EdW)

⑥ ハイケイパビリティーコンピューティング・システムの研究開発(EHCS)

⑦ ハイケイパビリティーコンピューティング・インフラと応用(HCIA)

⑧ インテリジェント・ロボット工学と自律システム(IRAS)

⑨ 大規模データ管理と解析(LSDMA)

⑩ 大規模ネットワーク(LSN)

⑪ ソフトウェアの生産性・持続性・品質(SPSQ

Innovative Medicines Initiative (IMI)2 革新的な医薬品 30

Electronic Components & System Initiative (ECSEL) 電子部品とシステム 50

Clean Sky (CS) 2 航空および航空輸送 40

Fuel Cells and Hydrogen (FCH)2 水素・燃料電池 13.3

Shift2Rail 欧州の単一鉄道網 9.2

Bio-based Industries (BBI) バイオ原料・生物精製 37

Single European Sky ATM Research (SESAR) 航空交通管理システム、工学・物理科学研究会議(EPSRC)、経済・社会研究会議(ESRC)、および芸術・人文学研究会議(AHRC)の3 つは研究資金の提供だけを行っている。医学研究会議(MRC)、バイオテクノロジー・生物科学研究会議(BBSRC)、自然

環境研究会議(NERC)は研究資金の提供だけでなく、傘下に研究組織を有して自らも研究を実

施している。科学技術施設会議(STFC)は、研究資金提供に加えて研究施設の管理・運営を行

っている。UKRI から研究会議に措置される2019 年度の予算は約38 億1,000 万ポンドであ人工知能(AI)とデータよびイノベーションを用いて、病気の予防、早期診断、および慢性疾患の治療を2030 年までに変える高齢化社会 富裕層と貧困層の格差を縮め、2035 年までに今よりも少なくとも5 年間長く

人々が健康で独立した生活を送れるようにするクリーン成長 2030 年までに新しい建物のエネルギー利用を少なくとも現在の半分にする2030 年までに低炭素の産業クラスターを少なくとも1 つ確立し、2040 年までに世界初となる温室効果ガス純排出量ゼロの産業クラスターを確立する

未来の輸送手段 英国をゼロエミッション車(ZEV)のデザインと製造の最先端に位置付け、2040

年までに自動車とトラックすべての新車を事実上排出ゼロにするアイデア(Ideas)

・ 2027 年までに研究開発投資全体を対GDP 比2.4%まで引き上げ

・ 研究開発費税額控除の比率を12%まで引き上げ

・ 産業戦略チャレンジ基金 (ISCF)に7.25 億ポンドの投資

人材(People)

・ STEM 能力の教育促進に向け、4 億600 万ポンドを投資

・ デジタル分野などの国民再研修制度を新設し、建築技術およびデジタル

技術研修に6,400 万ポンドの投資

インフラ(Infrastructure)

・ 生産性投資国家基金(NPIF)を310 億ポンドに増額し、輸送、住宅建設、

デジタル等の分野での投資を促進

・ 電気自動車(EV)支援(4 億ポンドの充電インフラ投資および1 億ポンドの

プラグイン・カー助成金が含まれる)

・ デジタル・インフラ整備のため、10 億ポンド以上を投資(5G 向けの1 億

7,600 万ポンド等を含む)

ビジネス環境(Business environment)

・ セクター協定(生産性向上を目的とする政府・産業界間提携)の開始・展

開(2019 年12 月現在、宇宙、人工知能、自動車、建設、創造的産業、ライ

フサイエンス、原子力、洋上風力、鉄道、観光の10 セクターとの協定)

・ 革新的で潜在能力の高いビジネスに対し、200 億ポンド強の投資

・ 生産性の低い企業のいわゆる「ロングテール」に対処する方法など、中小

企業の生産性向上等に向けたレビューの実施

地域(Place)・ 地域産業戦略の策定

・ 都市間交通のための「都市改革基金」を立ち上げ、17 億ポンドを投入

・ 「教員開発プログラム」を立ち上げ、4,200 万ポンドを投入環境・エネルギー

英国エネルギー研究センター(UKERC)ロンドン(研究拠点は全国各所)

2004 年創設。持続可能な未来のエネルギーシステムに関する世界レベルの研究を実施。英国におけるエネルギー研究のハブであり、英国内外のエネルギー研究コミュニティをつなぐ窓口でもある。研究会議横断プログラムの一つである「低炭素未来のためのエネルギープログラム」により助成を受けている。ライフサイエンス欧州バイオインフォマティクス研究所(EMBL-EBI)ヒンクストン(ケンブリッジシャー州)欧州分子生物学研究所(EMBL)の一部門として1992 年創設。バイオインフォマティクス関連のデータベース提供と研究実施をおこなっている。運営資金の多くは、EU 諸国を中心としたEMBL 参加国政府の拠出による。情報科学技術ケンブリッジ大学コンピュータ研究所ケンブリッジ1937 年創設。ケンブリッジ大学の組織で、コンピュータ科学、エンジニアリング、技術、数学といった分野の幅広い研究を実施している。ナノテクノロジー・材料ケンブリッジ大学キャベンディッシュ研究所ケンブリッジ1874 年創設。ケンブリッジ大学の物理学研究所。これまで29 名のノーベル賞受賞者を輩出。フランシス・クリック

とジェームズ・ワトソンは、同研究所在籍当時にDNA の二重らせん構造をつきとめ、1962 年に医学生理学賞をがん治療の効果を上げ、がん患者の余命を伸ばすためにがん研究を強化する。予防、

早期発見、診断、治療の改善を図る。患者カルテの電子化とそれに伴うデータ保護の強化を促進する。2025 年までにドイツ国内の大学病院に電子カルテシステムを導入する。プラスチックゴミ削減のために、2025 年までに植物由来のプラスチック製造を推進

したり、効率的なリサイクリングが可能な物質を開発したり、同じような課題を抱

える他の地域と連携するなどして研究開発を促進する。

環境保護計画2050 を実現するため1990 年当時の85-90%程度のCO2 排出量を目

指し、生産プロセスの改善や循環型経済の実現を推進する。

効率のよい資源の利用とデジタル化による革新的なビジネスモデルを創出すること

で生産性を上げる。

多様な種を守るため、革新的なツールや新たな指標を用い環境の評価を実施する。

自動走行、電気や燃料電池自動車など、この領域は大きなイノベーションの端緒に

置かれている。充電施設の整備、法規制の緩和、EU の方針なども含んだ包括的な

実用化施策を実施する。

ドイツ国内での電池生産のための技術開発とサプライチェーン構築を支援する。

経済構造や人口動態の変化に伴う都市と地方の格差をデジタルの力で埋め、環境に

配慮した形で生活の質を高める。

人口の高齢化に伴い労働力の不足が懸念されている中で、アシスタントシステムや

ロボットの活用で、労働の負荷を軽減する。安全や健康を含め、社会におけるロボ

ットの受容など包括的な措置を実施する。

② 未来技術におけるミッション

ドイツならびに欧州をAI の研究開発実用化の拠点 とし 、人材を確保しながら、

多様な応用領域を巻き込むことで AI をベースとしたビジネスモデルを構築する。

③ オープンなイノベーション環境と起業文化の創成におけるミッション

オープン・アクセス、オープン・サイエンス、オープン・データ、オープン・イノ

ベーションの原則によって最新の科学 の創出に貢献する。れている重点技術領域

目標 重点技術

社会的実装や応用を見据えた研究

機械学習、ビッグデータ

サイバーセキュリティ、HMI、ロボット、VR

通信システム、5G 通信技術

電池、3D プリント、軽量化、製造技術

世界トップへ飛躍させるべき技術

量子シミュレーションシステム、超精密計測技術、画像化

技術

バイオテクノロジー、バイオインフォマティクス

航空宇宙衛星、材料ARENA2036 シュトゥットガルト大 形質転換可能な自動車研究

DPP アーヘン工科大 デジタル光学

Mobility2Grid ベルリン工科大 スマートグリッド

FEN アーヘン工科大 環境にやさしいエネルギー

185 Cluster-Netzwerke-International

186 ドイツ語名: Forschungscampus

研究開発の俯瞰報告書

主要国の研究開発戦略(2020年)

CRDS-FY2019-FR-02 国立研究開発法人科学技術振興機構 研究開発戦略センター

124

MODAL フンボルト大 データ駆動型の輸送/医療技術

M²OLIE ハイデルベルグ大 癌治療

Open Hybrid LabFactory ブラウンシュバイク工科大 車両素材の軽量化研究

STIMULATE マグデブルク大 低侵襲性治療

InfectoGnostics イエナ大学 感染症早期診断重点領域として、第二世代の量子コンピューティング(コンピューター、シミュ

レーションなど)、量子コミュニケーション(通信、セキュリティ技術など)、計測(精密計測技

術、衛星、ナビゲーション技術など)の開発のほか、量子分野の技術移転と産業の参画推進をあ

げている。「ハイテク戦略2025」下の社会課題解決のため、自動走行、電気や燃料電池自動車な

ど、この領域は大きなイノベーションの端緒に置かれている。充電施設の整備、法規制の緩和、

EU の方針なども含んだ包括的な実用化施策、と未来技術分野のミッションとして、ドイツなら

びに欧州をAI の研究開発実用化の拠点 とし 、人材を確保しながら、多様な応用領域を巻き込

むことで AI をベースとしたビジネスモデルを構築する、が示されている健康・環境・社会

 健康・デジタル

 デジタルな人類

 社会・デジタル・セキュリティー

 デジタル・エネルギー・環境・社会

また2020 年計画は、国により定められた下記の優先項目を含んでいる。

 人工知能

 人文社会科学

 量子技術

 薬剤耐性

 神経発達障害における自閉症

 希少疾患における平行的な研究、ラ

イフサイエンス、環境・エネルギー、ICT、ナノテクノロジーといった技術に基づいて優

先事項が整理されているという特徴がある。

人文・社会、地球システム・環境科学、エネルギー、生物学・医療、材料科学・工学、天文学・天体物理学、原子力・高エネルギー物理学、ICT・数学、科学・技術情報といった分野ごとに、全体で99 個の具体的なインフラを同定しつつ、支援の方向性について示している。同定されたインフラでは地球システム・環境科学および生物学・医療分野にかかる

ものが相対的に多く、それぞれ25 と24 のインフラが指定されている。人文・社会、地球システム・環境科学、エネルギー、生物学・医療、材料科学・工学、天文学・天体物理学、原子力・高エネルギー物理学、ICT・数学、科学・技術情報といった分野ごとに、全体で99 個の具体的なインフラを同定しつつ、支援の方向性について示している。同定されたインフラでは地球システム・環境科学および生物学・医療分野にかかるものが相対的に多く、それぞれ25 と24 のインフラが指定されている。ある国家自然科学基金委員会(NSFC272)、科学技術政策に係るシンクタンクである中国科学技術発展戦略研究院(CASTED273)や科学技術情報基盤の構築を担う中国科学技術情報研究所(ISTIC274)が置かれている。また、中国科学院が国務院直属の機関として置かれており、傘下に104 の研究所、2 つ国家自然科学基金 国家自然科学基金National NaturalScience Foundationof China(NSFC)

基礎研究、応用研究への助成から人材育成、拠点形成への助成を含む種々のプログラム(科学技術部傘下の国家自然科学基金委員会